mametatsu

「太陽の昇るところ」東ティモール・サントモンテ珈琲♪

オーガニックコーヒーもいろいろと販売していますが

今回の「東ティモール・サントモンテ」は私のイチオシ

のオーガニック珈琲です!

 

一番はやはりブラジルの鈴木功さんですが、東ティモールは

上品な酸味と甘い香りを楽しめる上品な風味の珈琲です。

 

苦みと甘みが特徴のブラジルとはまた違う風味なので、

両方イチオシという感じでしょうか。

 

東ティモールの豆は、日本ではまだ知名度が低くて、

商社でも輸入してる所が少なくて、レアな豆です!

珈琲専門店でも、扱いは少ないと思います。

 

 

 

 

 

 

東ティモール民主共和国はインドネシアの南東端、

オーストラリアに近いところに位置しています。

 

私が焙煎しての感想は、インドネシアのマンデリンに

近いのかと先入観がありましたが、どちらかと言えば

アフリカ系のタンザニアやケニアに近い焼き上がりでした。

 

上品な酸味はアフリカ系よりも優しくて飲みやすくて

滑らかで、グァテマラや中米系のような上品さです。

 

深く焼くと酸味が消えてきてしっかりとコクと苦みもありますので

どのポイントで上げるかは、各焙煎士の好みでしょう。

 

私はこの滑らかな酸味を表現して、酸味嫌いの人も、「これいいじゃん」と

思わせてしまいそうな滑らかな酸味を残したいですね!

 

珈琲の好みって、こういう味の出会いで変わってしまうんですよね。

 

 

 

 

東ティモールという国は400年以上に及ぶポルトガルの

植民地支配に始まり、第2次世界大戦中には、日本が占領し

過酷な労働をさせてしまった悲しい過去もあります。

 

さらに1976年からインドネシアによる強制併合。

独立運動は人口の4分の1が命を失ったといわれるほど過酷なものでした。

2002年5月20日に念願の独立を果たした21世紀最初の独立国です。

四国とおよそ同じ面積の国土に100万人強の国民が暮らしてます。

 

国民の失業率は非常に高く、推定40〜50%と言われています。

15歳から34歳までの若者の失業率が6割以上とも言われており、

深刻な社会問題となっています。

 

 

 

 

この国の就労者の8割は農業を中心とした第1次産業に従事しています。

なかでも”この”コーヒーはこの国唯一の輸出用商品作物なんです!

ながい、占領支配の歴史によりティモールの珈琲は自然栽培とも言える

ほど、手つかずだった為に無農薬、無除草剤で有機栽培となってきた

正真正銘のオーガニックなんです。.

 

また、フェアトレードコーヒーの先駆けで、個人農家に直接取引するので

個人的にも応援したい気持ちもでますね。

コーヒー栽培の発展については日本も精力的に支援を行っているようで、

ピース・ウィンズ・ジャパンという日本のNGOが現地人にコーヒーの

栽培について指導をしているようです。

 

日本はまだまだ、東ティモールの珈琲の輸入は少なく輸出国5位です。

世界中の高級珈琲を輸入してる日本です!これから注目してもっと

輸入が増えればいいと思います。

 

 

あと、日本で、「カンタ・ティモール」という映画が注目されています!

 

是非一度観てみたいです。

珈琲豆comments(0)・-

オーガニック珈琲第三弾!メキシコ

オーガニック珈琲の第三弾!

メキシコを焙煎しました。

 

メキシコは、若干酸味の珈琲になりますが、

ブラジルの鈴木さんもコロンビアも、酸味系では

なかったので、また違ったオーガニックでgood!

 

 

 

メキシコは、中南米産珈琲の中では、ハゼもあまり良くなくて、

中煎り焙煎で上げるには、少し難しく焙煎人の腕が必要な豆です!

 

こういう豆はやはり経験が無いとうまくハゼさせられなく、

芯まで火を入れる事ができず、豆面のしわが残り、雑味や、嫌〜な

舌に残る酸味がでてしまします。

 

 

 

どうでしょう?

 

この中煎りで、ふっくらと焼けてるでしょう♪

 

メキシコは、深煎りにするよりこのあたりで酸味も少し感じる程度で

焼く方が良いと思います。

 

とくに、このオーガニックはスタンダードメキシコより

滑らかで、じっくりと味わえますよ!舌の上で味わう感じで。

 

ワインや、日本酒とかも、良い素材を使ってると舌触りが滑らかで

じっくりと味わえるじゃないですか〜、珈琲も雑味が無く焙煎されて

しかも、科学的な農薬などがまったく含まれてないオーガニック珈琲は

そこが違う!んですね。

 

ただ、それを重視しないのでしたら通常メキシコの方が、

苦みやコクや刺激!?が美味しく感じられる人もいると思います。

 

 

まだまだ、オーガニックは通常珈琲の2倍以上の生豆価格ですので

お客様の価値観しだいでしょうか。

 

当店は、オーガニック珈琲を100グラムで100円アップ位で

ご提供頑張ります!

 

新製品はネット販売に反映されるのにお時間がかかりますので

ご希望の方はお手数ですが、メールでお問い合せください。

 

店頭では、日により焙煎の種類が異なりますので、欲しい豆が

ありましたら在庫確認のメールかお電話お願い致します。

在庫が無くてもご予約で焙煎致します。

 

珈琲豆comments(0)・-

JAS認証 オーガニック珈琲豆  あります♪

3月です。

 

今年は、冬は寒かったんですが春は早いのかなー?

 

それとも、、体が寒さに慣れてきたから日差しが暖かく感じるんでしょうか。でも、梅の花は確実に咲いて来て春はもうすぐです。

 

今日は、オーガニック珈琲のご紹介です!

 

 

当店は昨年から、ブラジルのJAS認証オーガニック珈琲の

「鈴木功さん、パライーゾ農園」の豆を扱い始めましたが、

オーガニックで体にやさしい、という事を抜きにしても

鈴木さんのコーヒーは「美味しい」と、人気がでてきました!

 

 

 

パライーゾ農園は、鈴木功さん、奥様の真理子さんが2人で開拓した農場です。

有機栽培に信念を貫き、心血を注いで有機農法を始め2005年にはブラジルで最も難しい有機認証団体IBDの有機認証を取得。2007年には日本の有機認証JAS法による認証をうけた世界的にも最も安心安全な珈琲豆です。

鈴木さんは、作業中はいつも、ありがとう、と感謝の気持ちを持って美味しくてより健康になる珈琲が出来る事を心から願っているとの事です。日本人が日本人の健康と幸せを願って20年以上もの歳月をかけて実現した、奇跡の珈琲です。

無農薬、有機栽培はやはり豆が元気で、生き生きしてハゼから違います。ハゼの良さ=それが、雑味が全く残らない風味豊かな美味しさとなります。それに、オーガニックを飲むと、これが何も薬品を使ってない純粋な味なんだと初めてわかります。

 


少し小粒なブラジルですが、風味が強くすこしフルーティな感じもする豊かなコクは大地の息吹を味わえます。

 

 

 

 

 

そして、第二弾で「オーガニックコロンビア」仕入れてみました。

 

 

コロンビアは、酸味と苦みのバランスが良くて、中米産のやさしい

美味しさとは違い、奥深くてあっさりでは無いコクがある美味しさが

あるんです。コロンビアマイルドとも言われて、ミディアムローストで

甘みと酸味を少し楽しめるローストがお勧めです。

 

ただ、、昨年の残留農薬問題で、日本の通関を通らず入国できなかった

一件があり、少し心配していたんですが、有機栽培ならそんな不安も

まったくありません!

 

さてさて、、飲んでみると、、うんうん。

これが安心安全の残留農薬ゼロのコロンビアかーい♪

さらにやさしいコロンビアマイルドやーん♪

 

確かに、オーガニックは通常の豆の2倍以上の仕入れ価格ですし

少しお高いですが、当店ではなるべくお安くご提供できるように

努力していきます。

 

 

 

 

 

珈琲豆comments(0)・-
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

NEW ENTRIES